Home

ネオデザイン室ブログ分室

いわさき歯科クリニック様 制作事例

i101.jpg

茨城県筑西市の歯科医院『いわさき歯科クリニック』さまの、制作事例です。

ロゴタイプ、パンフレット、新聞折り込みチラシ、診察券、名刺、封筒と総合的に制作させていただきました。

総合的に制作させていただくことで、デザインに一貫性が保て、ブランディングの力が強まります。

制作事例を公式サイトで公開

サイト更新170302

 サイトに新規事例をアップしました。

プリントカデゴリーでは、「第8回 起業家フォーラム」A4フライヤー そして、『本場結城紬 振興セミナー』A4フライヤー。

ウェブカテゴリーでは、お店ポスターコンテスト、日本少年野球東日本ブロックさまです。

フライヤー制作

a_side

小山市様からチラシ制作のご依頼をいただき、完了させていただきました。

第8回になる今回のイベントは、お打ち合わせの段階で、女性ターゲットということが伺い知れました。
普段このタイミングで、アイデアが浮かぶことは殆どないのですが今回は、はつらつとした女性のイラストが良いと思いました。イメージ素材を探しているうち良い写真にもめぐりあい、イラスト案と写真案を提案したところ、写真案が採用となりました。
その後の校正により、写真が差し替え、最終デザインとなりました。

b_side

本場結城紬振興セミナー

平成29年1月21日に行われる、『本場結城紬振興セミナー 〜本場結城紬の素晴らしさを未来へ〜』のちらしを制作させていただきました。

本場結城紬振興セミナー 〜本場結城紬の素晴らしさを未来へ〜

小山きものの日 ポスター、フライヤーデザイン

小山市の誇る伝統産業「本場結城紬」と和装の振興のため、小山市と結城市が主催するイベント「小山きものの日」のポスターとフライヤーを、制作させていただきました。

小山きものの日ポスター

「本場結城紬ユネスコ無形文化遺産登録6周年記念事業」「小山市・結城市友好都市盟約2周年記念事業」の冠がつき、たくさんのイベントが行われます。
それらのイベントに、多くの人を呼び込むためには、どういう紙面が良いのかを考えました。
どんなイベントが、いつ、どこで、行われるか、をいかに分かりやすく伝えるか。たくさんあるイベントの中でも、何が重要か?見る人は何に興味を示すのか?こうしたことを考え、整理することが最初の大切な作業となります。
このことがきちんとできれば、半分以上成功です。
ポスターとフライヤー表面は共通イメージのデザインです。
しかし、ポスターは片面だけで最低限の情報は、伝えなければなりません。ある程度離れて見て、近づいてもらえるインパクトも必要です。自ずと最初から手に持って見るフライヤーとは紙面構成が変わってきます。

小山きものの日フライヤーA

「きもの」がひらがなのため「の」が2つ連なります。これは最初から気になりました。
これには色を変えること(ただし、色の氾濫を避けるため、同系色を使用しました)と、そして大きさを変え、敢えて重ねることで、それぞれの単語が認識しやすくなったと思います。

小山きものの日フライヤーB

Home

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top