fc2ブログ

Home > デザイン > もうすぐ七夕ですね☆★☆

もうすぐ七夕ですね☆★☆

日本人らしいイベントなんてと
ふと考えていると
なんともうすぐ七夕なんですね!


そこで七夕をウィキペディアで調べて見ました。
下記はウィキペディアからの抜粋です。
正しいかどうかは議論中との事

七夕(しちせき、たなばた)は、日本、中国、台湾、ベトナム、大韓民国などにおける節供、節日の一つ。旧暦の7月7日の夜のことであるが、日本では明治改暦以降、お盆が7月か8月に分かれるように7月 7日又は月遅れの8月 7日に分かれて七夕祭りが行われる。五節句の一つにも数えられる。古くは、「七夕」を「棚機(たなばた)」や棚幡と表記した。これは、そもそも七夕とはお盆行事の一環でもあり、精霊棚とその幡を安置するのが7日の夕方であることから7日の夕で「七夕」と書いて「たなばた」と発音するようになったともいう。元来、中国での行事であったものが奈良時代に伝わり、元からあった日本の棚機津女(たなばたつめ)の伝説と合わさって生まれた言葉である。

織女星と牽牛星の伝説

説話

こと座の1等星ベガは、中国・日本の七夕伝説では織姫星(織女星)として知られている。織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。夏彦星(彦星、牽牛星)は、わし座のアルタイルである。夏彦もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。めでたく夫婦となったが夫婦生活が楽しく、織姫は機を織らなくなり、夏彦は牛を追わなくなった。このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。

古典文学として上記のようなストーリーとなった七夕説話であるが、長い歴史の中で中国各地の民話として様々なバリエーションを生じるに至った。それらは地方劇で上演され、戯曲の題材となった。その中で有名なものに京劇などで演じられる『天河配』がある。その内容は牛飼いの牛郎(牽牛)が水浴びをしていた天女の一人である織女の衣を盗んで夫婦となるが、やがて織女は天界に帰り、牛郎は織女を追って天界に昇るものの、織女の母である西王母によって天の川の東西に引き裂かれるというものであり、羽衣伝説のようなストーリーすなわち白鳥処女説話となっている。

今年は二人は合えるのでしょうか?
週間天気予報では難しいかな・・・

STAFF:OGUでした。晴れ間を祈って

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://neodesign.blog68.fc2.com/tb.php/205-80f46130
Listed below are links to weblogs that reference
もうすぐ七夕ですね☆★☆ from ネオデザイン室ブログ分室

Home > デザイン > もうすぐ七夕ですね☆★☆

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top